掃除機496方式(英語名:HAL496 Systems)による英語などの学習方法を提唱するブログです。英文に関して、解説・対訳などの掲載を中心としています。訳し方は、そのときの状況によるので、直訳っぽいのもあったりします。転載及び2次使用可。(C) no rights reserved / aucun droits réservés / keine Rechte vorbehalten / 著作権全面放棄

10.22.2012

Tuvalu --- Disappearing Island語順整序


1.17,000 about After beautiful blue flying from from island Japan kilometers nation on plane ocean see southeast the the tiny you will 
_____ ______ _____ _____ __________ _________ ____ ________ ____ ___ ____ ___ _____ _ ____ ______ ______ __ ___ _________ ____ _____.
日本から約7,000キロメートルほど南東に飛んだ後、美しい青い海に浮かぶ小さな島嶼国(とうしょこく、=島国)を飛行機から目にする[→見える]であろう。
1,000 about below country equator Fiji in just kilometers lies north middle of of Pacific The the the the 
___ _______ ____ __ ___ ______ __ ___ _______ ____ _____ ___ ____________ _____ __________ _____ __ ____.
その国は、フィジーから1,000キロメートルほど北の、ちょうど赤道の下[→赤道直下]の太平洋の真ん中に横たわっている。
26 a above and area five has has highest islands It its just kilometers land level meters nine of only point sea small square with 
__ ___ ____ _____ _______ ___ ___ _ ____ ____ __ ____ __ ______ __________ ____ ___ _______ _____ ____ ____ ______ _____ ___ _____.
それ[=ツバル]には9つの島々があり、海抜5メートル最高峰のある、わずか26平方キロメートルの陸地部分がある。
1.211,000 a around capital city Funafuti has in live of of people population most the Tuvalu whom 
______ ___ _ __________ __ ______ ______ __________ __ ____ ____ __ ___ _______ ____________.
ツバルには1万1千人程度の人口があり、人口のうちの大半は首都フナフティで暮らしている。
and benefits cooperative enjoying harmony in lead life living nature of surroundings The the their Tuvaluans with 
___ _________ ____ _ ___________ __________ __ _______ ____ _____ ____________ ___ ________ ___ ________ __ ______.
ツバル人は助け合う生活を送っており、環境と調和して暮らし、自然からの恵みを享受している。
and and bananas catch coastal coconuts fields fish grow in in living make pulaka the their they To waters 
__ ____ _ __________ _____ ____ __ ___ _______ ______ ___ ____ __________________ ______ __ _____ ______.
生計を立てるために、彼らは海岸近くの海域で魚類を釣り、畑でココナッツやバナナやプラカを育てている。
1.3but danger disappearing for has in is it lasted life more now of of peaceful Such than thousand two way years 
____ _ ________ ___ __ ____ ___ ______ ___ ____ ____ ___ ________ ________ ___ __ __ __ ______ __ ____________.
そのような平和的な生活様式は2千年以上もの間、続いたが、しかし、今では、消滅の危機に晒(さら)されている。
all are but For into islands now ocean reason sinking slowly some steadily the the 
___ ____ _________ ___ _______ ___ ___ _______ ______ ___ ________ ____ ___ _____.
ある理由から、すべての島々は、現在、ゆっくりとではあるが、しかし、着実に、海の中へと[=海中へと]沈みつつある。
are earth from of surface the the They vanishing 
____ ___ _________ ____ ___ _______ __ ___ _____.
それら[ツバルの島々]は地球の表面から消滅しつつあるのだ。
2.1April at comes day From February ground happens high holes in islands on out seawater small something strange tide the the through twice until 
____ ________ _____ ______________ _______ _______ __ ___ _______ __ ____ ____________ _____ ___ _______ _____ _____ __ ___ ______ _____ _ ___.
2月から4月まで、満潮時に、島々で、ある奇妙なことが起こる:1日に2度、地面にある小さな穴を通じて海水が出てくるのだ。
and because coral easily is is islands made of of of passes reef sediments sediments soil the the these This through up water 
____ __ _______ ___ ____ __ ___ _______ __ ____ __ __ _________ __ _____ _______ _____ ______ ______ _______ _____ _________.
これは、島々の土壌が珊瑚礁の堆積物からできあがっているからであり、水分はたやすくこれらの堆積物を通過するのである。
as becomes Consequently filled land like rises sponge the the tide water with 
______________ ___ ____ ________ ____ _______ ______ ____ _____ ____ _ ______.
その結果、潮が満ちると、土地は海綿[=スポンジ]のように水で満たされる。
2.2happening is island of on parts some the This 
____ __ _________ __ ____ _____ __ ___ ______.
こうしたことは島のいくつかの地域で起こっている。
at below look pictures Take the 
____ _ ____ __ ___ ________ _____.
下の写真を見てみよう。
appear as but in is no Normally puddles rises start square the the there tide to water 
________ _____ __ __ _____ __ ___ ______ ___ __ ___ ____ ____________ _____ __ ______.
普段は、広場には水はないが、しかし、潮が満ちると、水溜(みずたま)りが現れ始める。
and and are bigger bigger by get joined other puddles puddles The 
___ _______ ___ ______ ___ ______ ___ ___ ______ __ _____ _______.
水溜りはだんだんと大きくなり、ほかの水溜りによって結び付けられる[→ほかの水溜りと結びつく]。
a area becomes flooded land large of quickly seawater Very with 
____ ________ _____ ____ __ ____ _______ _______ ____ ________.
きわめてすばやく、大きな面積の土地が海水で浸水する。
50 a and areas centimeters days down for go goes higher in it level of or some sometimes takes The the to to up water water 
___ _____ ____ __ __ _ _____ __ __ ___________ __ ______ __ ____ ________ __ _________ _____ ____ ___ ___ _____ __ __ ____.
海水は50センチメートルの水準まで上がるか、あるいは、いくつかの区域では(50センチメートルよりも)高くなり、海水が退(ひ)くのに、ときには、数日かかる。
2.3about ago but can't drink drink it man now One said ten the to until used water we We well years 
___ ___ ____, "__ ____ __ _____ ___ ____ _____ _____ _____ ___ _____ ______ ___ __ _____ _____ __.
ある男性が言った。「私たちは、10年くらい前までは、井戸水を飲んでいたものだったが、しかし、今は、飲めない。
can't either farming for it use We 
__ _____ ___ __ ___ _____________.
私たちはそれ[=井戸水]を農業にも使えない。
are crabs inside living now Seawater the well 
________ _____ ___ ___ ______ ______ ___ ____."
海水に生息する蟹(かに)は、今、井戸の中で暮らしている。
field he his Pointing pulaka sighed to 
________ __ ___ ______ _______ ______.
プルカの畑を指差して、彼は溜め息(ためいき)をついた。
give growing had pulaka to up We 
"__ ___ __ ____ __ _______ ______.
「私たちはプルカを育てることを諦(あきら)めなければならなかった。
are cannot once Pulaka roots seawater soaked survive their with 
______ ______ _______ ____ _____ _____ ___ ______ ____ ________.
プルカは、ひとたび、その根が海水に浸ってしまうと、生き残れないのです。
Growing here is it just waste of time 
_______ __ ____ __ ____ _ _____ __ ____."
ここでそれ[=プルカ]を育てることは、単なる時間の無駄なのです」
2.4as became difficult grow island It many on other the to vegetables well 
__ ______ _________ __ ____ ____ _____ __________ __ ___ ______ __ ____.
同様に、この島でほかの多くの野菜を育てることは難しくなった。
As brought but choice countries depend food foreign from had in no on result the Tuvaluans to 
__ _ _________ _________ ___ __ ______ ___ __ ______ __ ____ _______ __ ____ _______ _________.
その結果、ツバルの人々は外国から齎(もたら)される食物に依存する以外に選択肢がなかった。
beginning life lose of their They to traditional way were 
____ ____ _________ __ ____ _____ ___________ ___ __ ____.
彼らは伝統的な生活様式を失い始めていた。
3.1a about and away blessing but by fact for homes is is life now of once same sea sea surrounded take that that The the the their to Tuvalu Tuvaluans was way 
___ ____ ____ ______ __ __________ __ ___ ___ ___ ____ _ ________ ___ ___ ____________ _______ ____ ___ __ _____ __ ____ ____ _____ _____ ___ ___ __ ____.
ツバルが海に囲まれているという事実は、かつて、ツバルの人々にとって、天の恵みであったが、しかし、今では、その同じ海が彼らの故郷と生活様式とをまさに奪おうとしている。
Along and beaches children gathered many once palm played sandy shores the trees were where with 
_____ ___ ______ ____ ____ _____ _______ ____ ____ __________ ________ ____ ________ ___ ______.
椰子(やし)の木が生えている砂浜の多くは海岸沿いに沿っていたのだが、そこで、子どもたちは、かつて、集まり、遊んだのであった。
anymore do exist not places Such 
____ ______ __ ___ _____ _______.
そのような場所はもはや存在しない。
all almost and as as away eaten have High lined once palm sand shores strong the the tides trees well which winds 
____ _____ ___ ______ _____ ____ _____ ____ ______ ___ ___ ____ __ ____ __ ____ _____ _____ ____ _____ ___ ______.
満潮と強風とが、以前は岸辺に沿って並んでいた椰子(やし)の木と同様に、ほとんどすべての砂を侵食してしまった。
3.2country die elderly in one said stay this until We wewill woman 
"__ ____ ____ __ ____ _______ _____ __ ___," ____ ___ _______ _____.
「私たちは死ぬまでこの国にいるつもりよ」と、ひとりの老婆が言った。
down Even goes if into island it leave not sea the this will 
"____ __ __ ____ ____ ____ ___ ____ ____ ___ _____ ____ ______.
「たとえ、それ[=この国]が海の中へと沈むとしても、私はこの島を去るつもりはない。
away children have go may Our to 
___ ________ ___ ____ __ __ ____.
私たちの子どもたちは去らねばならないかもしれません。
happily in live new place them to want 
____ ____ __ ____ _______ __ _ ___ _____.
私は彼らに新しい土地でしあわせに暮らして欲しいと思っています。
am But I I stay where will 
___ _ ____ ____ _____ _ __.
しかし、私は、自分が今、いる場所にいるつもりです。
home is my This 
____ __ __ ____."
ここが私の故郷なのです」
4.1a a also but facing global is is island just local nation not one problem small this What 
____ ____ _____ ______ ______ __ ______ __ ___ ____ _ _____ _______ ___ ____ _ ______ ___.
この小さな島嶼国(とうしょこく)が直面していることは、単なる地方の問題ではなく、地球規模的[=グローバル」なものである。
activities believed countries daily do especially global have human in 
industrialized is It lot that to warming with 
__ __ ________ ____ _____ _____ ____________________ __ ______________ _____________ _ ___ __ __ ____ ______ _______.
日々の人間の活動は、とりわけ、工業化した国家においては、地球の温暖化に関係する多くのものを持つと考えられている。
→日々の人間の活動、とりわけ、先進工業国においては、地球の温暖化に大いに関係していると考えられている。
and amount as burning by day Every fossil fuels garbage gases greenhouse huge of produce such things we 
_____ ___ __ _______ _ ____ ______ __ __________ _____ __ _______ ______ ____ __ ______ _____ ___ _______.
毎日、私たちは、たとえば、化石燃料やゴミを燃やすことによって、大量の温室効果ガスを生み出している。
and global ice is leads leads level Many melting of of polar rising scientists sea speeding that the think this to up warming which 
____ __________ _____ ____ ____ __ ________ __ ______ ____________ _____ __ _______ __ _____ ___ ___ ______ __ ___ ___ _____.
こうしたことが地球の温暖化を加速していると多くの科学者は考えているのだが、地球の温暖化は極氷(きょくひょう)の溶解と海水面の上昇へと至るものである。
4.288 100 as as by centimeters in level may much next One report rise sea shows that the the years 
___ ______ _____ ____ ___ ___ _____ ___ ____ __ __ ____ __ __ ___________ __ ___ ____ ___ _____.
海水面は、つぎの100年後に88センチメートルと同程度に上昇するかもしれないということを、ある報告書は示している。
affected be by going is is level nation not only rising sea that the the to Tuvalu 
______ __ ___ ___ ____ ______ ____ __ _____ __ __ ________ __ ___ ______ ___ _____.
ツバルは海水面の上昇によって影響を受ける予定である唯一の国家ではない。
also be coastlines continues countries If including Japan's larger level many of of other rise sea sea some the the to under will 
__ ___ ___ _____ _________ __ _____________ __ ____ _____ ______ __________________ ____ __ ___________ ____ __ _____ ___ ___.
もしも海水面が上昇し続けるならば、ほかの多くの大国の海岸線は、日本の海岸線の一部を含むのだが、そうした海岸線もまた、水没するであろう。
4.3actually Is Level level Rise rising Sea sea the 
___ _____ ____
海水面上昇
__ ___ ___ _____ ________ ______?
海水面は実際に上昇しているのであろうか?
1993 2002 10-year a annual figure from in level occurred of period rate rise sea shows that the This 
to 
____ ______ _____ ___ ______ ____ __ ___ _____ ____ ____ ________ __ _ _______ ______ ____ ____ __ ____.
この数値は、1993年から2002年に亙(わた)る10年間に起こった海面上昇の年平均を示している。
20 can in millimeters more ocean of parts rose see some than that the We year 
__ ___ ___ ____ ____ _____ __ ___ _____ ____ ____ ____ __ ___________ __ _ ____.
海洋のいくつかの海域が1年当たり20ミリメートル以上も上昇したということを、私たちは見て取ることができる。
10 20 100 2005 Agency centimeters global has In in Japan level Meteorological past reported risen sea that the the the to years 
__ _______ _____ ______________ ______ ________ ____ ___ ______ ___ _____ ___ _____ __ __ __ ___________ __ ___ ____ ___ _____.
地球規模の海水面は10から20センチメメートル上昇したと、2005年に(日本の)気象庁は報告している。
4.4a critical history in is its long now of stage Tuvalu 
______ __ ___ __ _ ________ _____ __ ___ ____ _______.
ツバルは今、その長い歴史の中で危機的な段階にある。
continues global homeland if lose people The their warming will 
___ ______ ____ ____ _____ ________ __ ______ _______ _________.
もしも地球の温暖化が続くならば、その国民は祖国を失うであろう。
be build culture future generations means not of on passed that that This thousands to to took unique will years 
____ _____ ____ _ ______ _______ ____ ____ _________ __ _____ __ _____ ____ ___ __ ______ __ __ ______ ___________.
構築するのに何千も費やした独特な文化が未来の世代に受け継がれないということを、このことは意味する。
Can forever homeland imagine losing you your 
___ ___ _______ ______ ____ ________ _______?
自分の祖国を永遠に失うことをあなたがたは想像することができるだろうか?
act do future happen if in may not quickly Such the to tragedy us we 
____ _ _______ ___ ______ __ __ __ ___ ________ __ __ ___ ___ _______.
もしも私たちが迅速に行動しなければ、そうした悲劇は将来、私たちに起こるかもしれない。
and earth future hands in is of our The the Tuvalu 
___ ______ __ ______ ___ ___ _____ __ __ ___ _____.
ツバルと地球の未来は、私たちの手の中にある。

0 件のコメント:

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

フォロワー