掃除機496方式(英語名:HAL496 Systems)による英語などの学習方法を提唱するブログです。英文に関して、解説・対訳などの掲載を中心としています。訳し方は、そのときの状況によるので、直訳っぽいのもあったりします。転載及び2次使用可。(C) no rights reserved / aucun droits réservés / keine Rechte vorbehalten / 著作権全面放棄

10.17.2012

A Mason-Dixon Memory語順整序


1.1heard news Recently sad some 
________ _____ ____ ___ ____.
最近、私はある悲しい知らせを耳にした。
at allowed because black club color golf his not of play skin student to was 
_ _____ _______ ___ ___ _______ __ ____ ____ __ _ ____ _______ __ ___ ____ _____.
ひとりの黒人の学生が彼の肌の色のせいで(ゴルフ=)クラブでゴルフをすることを許されなかった。
32 ago back brought childhood from memories my own This years 
____ _______ ____ __ ___ _________ ________ ____ __ _____ ___.
このことが32年前の自分自身の子どものときの記憶を思い出させた。
1.213 and area black black boy father in living mother my New of of poor was with years York 
___ _ ____ _____ ___ __ __ _____(______ ____ __ ______ ___ ______ __ _ _____ ____ __ ___ ____).
私は13歳の貧しい黒人少年で、ニュー=ヨークの黒人地区で母と父とともに暮らしていた。
1.3announced day D.Cmy One teacher to trip Washington 
___ _____ _______ _________ _ ____ __ __________, ___.
ある日、私の教師がワシントンDCへの遠足を公表した。
about and home hurried it letter mother my showed the to trip with 
_______ ____ ____ _ ______ _____ ___ ____ ___ ______ __ __ __ ______.
私はその遠足についての手紙を持って自宅へと急ぎ、母にそれを見せた。
cost head her however Seeing she shook the 
(______ ___ ____,) __________ _____ ___ ____.
しかしながら、費用を目にして、彼女は首を振った。
did enough have money not We 
__ ___ ___ ____ ______ _____.
私たちには充分なお金がなかったのだった。
1.4After decided feeling few for for I myself pay sad seconds the to trip 
_____ _______ ___ ___ _ ___ ______________ __ ___ ___ ___ ____ ______.
数秒間、悲しいと感じてから、遠足のために自分で支払うことを決意した。
and candies delivered eight For newspapers next sold the weeks 
___ ___ ____ _____ _________ _______ ___ _________ __________.
それからの8週間の間、私はお菓子を売ったり、新聞を配ったりした。
before days deadline enough had just made money the Three 
_____ ____ ______ ___ ___________ ____ ____ ______ _____.
締め切りの3日前に、私はちょうど充分なだけのお金を作った。
can go 
"___ __!"
「ぼくは行けるんだ!」
2.01day Feeling got happy of on on the the the train trip very 
(_______ ____ _____ __ ___ ___ __ ___ ____,) ___ __ ___ _____.
遠足の当日にはとても幸せだと感じて、私は列車に乗り込んだ。
black group I in only our the was 
_ ___ ___ ____ _____ __ ___ _____.
私は自分のグループの中で唯一の黒人であった。
2.02far from hotel Lincoln Memorial not Our the was 
___ _____ ___ ___ ___ ____ ___ _______ ________.
私たちの(宿泊している)ホテルはリンカーン記念堂からあまり遠くではなかった。
Frank My roommate was 
__ ________ ___ _____.
私のルームメイト[=私と同部屋だったの]はフランクであった。
and balloons dropping each friends Leaning made of on other our out quickly tourists water we window with 
(_______ ___ __ ___ ______ ___ ________ _____ ________ __ ________,__ _______ ____ _______ ____ ____ _____.
窓から外へと身を乗り出して、観光客に水風船を落としたあと、私たちはすぐさま、たがいに友人になった。
2.03At at famous from Gettysburg had Lincoln Lincoln's Memorial read speech the the together we words 
__ ___ _______ ________________ __ ___ ____ ___ ______ _____ ____ _________ ______ __ __________.
リンカーン記念堂では、一緒になって私たちはゲティスバーグでのリンカーンの演説の有名なことばを読んだ。
a birth freedom God have nation new of shall this under 
"... ____ ___________ ________ ____ _ ___ _____ __ _______ ..."
「……神のもとで、この国家に新たな自由の誕生を備えるようにする……」
2.04Clifton could for moment morning next said see teacher The you 
___ ____ ________ _______ ____"____________ ___ ___ ___ _ ______?"
そのつぎの朝、ひとりの教師が言った、「クリフトン、ちょっとの間、君と会っていられるかな?」
Frank pale turned 
_____ ______ ____.
フランクは青ざめた。
and balloons before dog had her hit lady night of One our the water 
___ __ ___ _____ ________ ___ ___ _ ____ ___ ___ ___ ___ _____ ______.
その前の晩、私たちの水風船のうちのひとつがひとりの女性とその人の犬に命中していた。
2.05about began Clifton do know line Mason-Dixon teacher the the you 
"_______," ___ _______ _____"__ ___ ____ _____ ___ _____-_____ ____?"
「クリフトン」とその教師は始めた。「メイソン=ディクソン線について知っているかしら?」
2.06balloons do dropping had No said this to water what with wondering 
"__," ____(_________ [____ ____ ___ | __ __ ____ ________ _____ ________]).
「いいえ」と私は言ったが、そのことが水風船を落としたこととどんな関係があるのか考えていた。
2.07and and Before between between Civil explained free line line line Maryland Mason-Dixon Pennsylvania slave states teacher the the the the the the War was 
"______ ___ _____ ___," ___ _______ _________, "___ _____-_____ ____ ___ ___ ____ _______ ____________ ___ ________ ― ___ ____ _______ ___ ____ ___ _____ ______.
「南北戦争の前には」と教師が説明した。「メイソン=ディクソン線は、ペンシルヴァニア州とメリーランド州との間の線だったの。つまり、自由州と奴隷州との間の線ね。
and between border invisible is kind line Mason-Dixon North of South the the the Today 
________ _____-_____ ____ __ _ ____ __ _________ ______ _______ ___ _____ ___ ___ _____.
今日(こんにち)、メイソン=ディクソン線は北部と南部との間の、一種の目には見えない境界線です。
change cross into invisible line Maryland that things When you 
(____ ___ _____ ____ _________ ____ ____ ________,) ______ ______.
その見えない線を越えてメリーランド州に入ったならば、ものごとは変わります。
are Echo Glen going Park to We 
__ ___ _____ __ ____ ____ ____ ....
私たちはグレン=エコー公園に行く予定です。
and black can't go in in It's people Maryland 
____ __ ___________ _____ ______ _____ __ __."
それはメリーランド州にあり、黒人はその中には入れません」
asked because black can't go I I I'm mean park the to You 
"___ ____ [_____ __ __ ___ ____]," _____"(_______ ___ _____)?"
「ということは、つまり、ぼくが黒人だから」と私は尋ねた。「ぼくはその公園に行けないってこと?」
2.09nodded She slowly 
___ ______ ______.
彼女はゆっくりとうなずいた。
2.10Clifton hand I'm my said she sorry taking 
"___ ____________," ___ ____(______ __ ____).
「ごめんなさいね、クリフトン」と、ぼくの手を取りながら、彼女は言った。
3.01Back began cry in my room to 
____ __ __ _________ __ ___.
自分の部屋に戻ってから、私は泣き始めた。
sad very was 
___ ____ ___.
私はとても悲しかった。
because could go not not only park That the to was 
____ ___ ___ ____ (_______ _____ ___ __ __ ___ ____).
それは、自分が公園に行けなかったからというだけではなかった。
be black felt first For in it learning life like my the time to was what 
___ ___ _____ ____ __ __ _______ ________ [____ __ ____ ____ __ __ _____].
人生で初めて、黒人であるということがどんなふうに感じるのかを私は学びつつあったのだ。
3.02asked Frank matter the What's 
"______ ___ ______?" _____ _____.
「どうかしたのかい?」とフランクが尋ねた。
3.03Echo  Glen go let me Park They to tonight won't 
"____ _____ ___ __ __ __ ____ ____ ____ _______."
「やつらは、今夜、グレン=エコー公園にぼくのことをどうしても行かせはしないんだ」
3.04asked balloon Because he of the water 
"_______ __ ___ _____ _______?__ _____.
「水風船のせいかい?」と彼は尋ねた。
3.05answered because black I I'm No 
"__," ________"(_______ ___ _____)."
「ちがうよ」と私は答えた。「ぼくが黒人だからさ」
3.06and Frank he laughed relief said that's then Well 
"__________ _ ______!" _____ _______ ____ __ _______.
「そりゃあ、ひと安心だ!」とフランクが言って、それから彼は笑った。
escaped have He punishment relieved to was 
__ ___ ________ __ ____ _______ __________.
彼は罰から逃れられて、安心していたのだ。
I it serious thought was 
"_______ [__ ___ _______]."
「深刻なものだと思っていたよ」
3.07at him stared 
______ __ ___.
私は彼を見つめた。
black don't go into is It let park people serious the They 
"__ __ _______.  ____ _____ ___ _____ ______ __ ____ ___ ____.  
「深刻なことだよ。やつらは黒人を公園の中には入れないんだよ。
can't go I I shouted with you 
_____ __ ____ ___!" _______.
ぼくはきみと一緒に行けないんだよ!」と私は叫んだ。
3.08either Frank go smiled Then won't 
"____ _____ ________." _____ ______.
「それなら、ぼくも行かない」とフランクは微笑んだ。
3.09forget moment never that will 
____ _____ ______ ____ ______.
私はその瞬間を決して忘れはしないだろう。
3.10boys filled Frank Later listening room the to was with 
_____ ___ ____ ___ ______ ____ ____ {_________ __ _____}.
その後、フランクの言うことに耳を傾ける少年たちで部屋はいっぱいだった。
3.11allow black Clifton don't I'm in park people so staying the They with 
"____ _____ _____ _____ ______ __ ___ ______ ___ _______ ____ _______."
「やつらは黒人を公園に入れはいないのだから、ぼくはクリフトンと一緒にとどまるよ[→ここにいるよ]
3.12a boy Me said second too 
"__ ___," _ ______ ___ ____.
「おれもだ」と2人目の少年が言った。
agreed by Clifton I'll stand third you 
"____ _____ __ __________," _ _____ ______.
ぼくは君の側に立つよ[→ぼくは君の味方だ]、クリフトン」と3人目の少年が同意した。
3.13boys decided eleven end go In not the to white 
__ ___ _________ _____ ____ _______ ___ __ __.
最終的には11人の白人の少年が行かないことに決めた。
as as but did even go important knew more much park something that that there They they to to wanted was 
____ ______ __ __ __ ____ ____ __ ____ __ ______ ____ ____ [____ _____ ___ _________ ____ ____ _________].
彼らは私と同じくらいにその公園に行きたいと思っていたが、しかし、もっと大切ななにかがあるということが彼らにはわかっていた。
4.1an another came envelope holding night our room teacher That to 
____ ____________ _______ ____ __ ___ ____(_______ __ ________).
その晩、別の教師が、封筒を手にしながら、私たちの部屋にやって来た。
Boys he shouted 
"____," __ _______.  
「小僧たち」と彼は叫んだ。
13 bought game I've just Senators-Tigers the tickets to 
"____ ____ ______ __ _______ __ ___ ________-______ ____.
「セネターズ対タイガーズ戦のチケットを13枚買ってきたところだ。
Anybody go to want 
_______ ____ __ __?"
だれか行きたいか?」
happiness of shouts There were 
_____ ____ ______ __ _________.
喜びの叫び声があった。
4.2at ball Lincoln made Memorial On park  short stop the the the to way we 
__ ___ ___ __ ___ ____ ______ ____ _ _____ ____ __ ___ _______ ________.
球場への途中、リンカーン記念堂でちょっとひと休みした。
at For in light Lincoln line long moment of one recalling stared statue that the the warm yellow 
___ ___ ____ ____________ __ ___ ______ __ _______ __ ___ ____ ______ _____(_________ ____ ____).
長い間、私は、あの一節を思い出しながら、暖かい黄色い光線を浴びているリンカーンの彫像を見つめていた。
a birth freedom God have nation new of shall this under 
"... ____ ___________ ________ ____ _ ___ _____ __ _______ ..."
「……神のもとで、この国家に新たな自由の誕生を備えるようにする……」
*1free freedom his In is life Lincoln not said that 
__ ___ ___________ ____ [____ _______ __ ___ ____].
彼の人生において[→生前]、リンカーンは、自由は無料ではないと言った。
a a again begins club color Every fight for freedom golf keeps of of or out park people's skin the the them time 
(_____ ____ ___ _____ __ ________ ____ _____ ____ ___ __ _ ____ __ _ ____ ____,) ___ _____ ___ _______ ______ _____.
人々の肌の色がその人たちを公園やゴルフ=クラブに入れないときにはいつでも、自由のための闘いが再び始まるのだ。
→肌の色のせいで、公園やゴルフ=クラブに入れない人がいるときにはいつも、自由のための闘いが再び始まるのだ。
a act and and but courage effective fight fists guns is love most of often people simple Sometimes the very weapon with 
_________ ______ _____ ____ _____ ___ _______ ____ _____ ___ ____ _________ "______" __ _ ______ ___ __ ____ ___ _______.
ときおり、人々は(こぶし)や銃を使って闘うが、しかし、きわめて往々にして、最も効果的な「武器」は愛と勇気から成り立つ質素な行動である。
*2always eleven friends from hear I I Lincoln's my remember speech those When white words 
(____ ____ _____ _____ ____ _________ ______,) ______ ________ __ ______ _____ _______.
リンカーンの演説でこうしたことばを耳にしたとき、私はいつも11人の白人の友人を思い出す。
against every hatred kind love me of showed The they time will win 
___ ____ __ ____ {o ____ ______ __ |} ____ ___ _______ ______ _____ ____.
彼らが私に見せてくれた種類の愛は、いつでも、憎しみに打ち勝つだろう。

0 件のコメント:

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

フォロワー