掃除機496方式(英語名:HAL496 Systems)による英語などの学習方法を提唱するブログです。英文に関して、解説・対訳などの掲載を中心としています。訳し方は、そのときの状況によるので、直訳っぽいのもあったりします。転載及び2次使用可。(C) no rights reserved / aucun droits réservés / keine Rechte vorbehalten / 著作権全面放棄

10.01.2012

Feel the Sound 対訳



Feel the Sound
音を感じる
1.1
Evelyn Glennie looks like a rock drummerpounding away under the spotlight.
エヴリン=グレニーはロックのドラマーのように見え、スポットライトの下で連打している。
This ishowevera symphony concert hall and Evelyn Glennie is a star of contemporary music.
しかしながら、これはシンフォニー=ホールであり、エヴリン=グレニーは現代音楽のスターである。
She is the world's first full-time percussion soloist.
彼女は世界で最初のフルタイムのソロの打楽器奏者である。
1.2
Evelyn reaches far and fast from snare drums to cymbalsfrom congas to the bass drum (as she plays as a soloist with the New York Philharmonic).
ニューヨーク=フィルハーモーニックでソリストとして演奏するとき、エヴリンはスネア=ドラムからシンバルへ、コンガからバス=ドラムへと、遠く、速く、到着する。
1.3
Conductor Leonard Slatkin says, "People have always liked drums.
レナード=スラットキン指揮者は言う、「人々はいつでもドラムが好きだ。
Evelyn now shows us [that percussion is more than drums].
エヴリンは今、私たちに、パーカッションがドラム以上のものであるということを教えてくれる。
It's a whole world of colorsenergyand subtlety {that perhaps most people didn't know about | before}."
それは、おそらく、ほとんどの人々がそれ以前にはそれについて知らなかった色彩とエネルギーと繊細さから成る世界全体である」
There seems to be something new in every performance {o she gives |}.
彼女が行なうどの演奏においてもなにか新しいものがあるように見える。
1.4
Evelyn has performed with the world's finest orchestras and greatest conductors in the most famous concert halls.
エヴリンは最も有名なコンサート=ホールで、世界の素晴らしいオーケストラや指揮者とともに演奏してきた。
Her first CD won her a Grammy in 1988.
彼女の最初のCDは1988年彼女にグラミー賞を勝ち取らせた。
→1988年に、最初のCDで彼女はグラミー賞を受賞した。
Since that timeshe has received more than 70 international awards.
そのとき以来、彼女は70以上もの国際的な賞を受賞している。
1.5
And oh yesby the wayEvelyn is profoundly deaf.
それから、あ、そうだ、ところで、エヴリンは重度聴覚障害者である。
2.1
Evelyn was born on a farm in Scotland.
エヴリンはスコットランドの農場で生まれた。
She began taking piano lessons at age eight.
彼女は8歳の時にピアノのレッスンを受け始めた。
Later that same yearshe began to notice [that her hearing was gradually failing].
同じ年に、あとになって、彼女は、自分の聴覚が徐々に衰えていくのに気がつき始めた。
2.2
"(As was losing my hearing,) tried hard not to be sadbut was becoming a very angry person," says Evelyn.
「聴覚を失いつつあるときには、悲しまないようにと一所懸命に努力したけれど、とても怒りっぽい人間になっていったのです」とエヴリンは言う。
"Then one of my teachers said'Evelynput your hand on the copper ball of one of the timpani drums.'
「その後、先生のうちのひとりが言ったの、「エヴリン、ティンパニーのうちのひとつの銅球の上に手を置いてごらん」って。
could feel the vibration.
私は振動を感じ取ることができました。
Then he tuned the two timpani drums to different pitches.
それから、その先生は2つのティンパニーを違う音の高さに調律したら、
noticed the difference between the vibrations."
振動の違いに気がついたのです」
2.3
Evelyn gives a lot of credit to her secondary school teachers for encouraging her to take drum lessons at the age of 12.
エヴリンは、12歳のときにドラムのレッスンを受けるようにと自分に奨めたことに対して、中学校の先生たちを高く評価している。
After just a few lessonsshe seemed to have found the right thing for her.
たったの数回のレッスンののちに、彼女は自分にとって適切なものを見出したようだった。
She soon began working with various percussion instrumentsbut it wasn't long (before she had lost most of her hearing).
彼女はまもなく、さまざまな打楽器に取り組み始めたが、しかし、彼女が聴覚のほとんどを失ってしまうまでにそれほど時間はかからなかった。
Howevershe simply refused to worry about it and continued to follow her dreams.
しかしながら、彼女はそのこと[=聴覚を失うこと]について心配することを拒み、自分の夢を追いかけ続けた。
2.4
What does Evelyn think | about her success?
エヴリンは自分の成功についてどんなことを考えているのであろうか?
She often points out, "I'm not a deaf musician.  I'm a musician {who happens to be deaf}."
彼女はしばしばつぎのように指摘する。「私は耳の聞こえないミュージシャンではありません。たまたま耳が聞こえないミュージシャンなのです」
3.1
Evelyn hears some sounds {that are clear and distinct}.
エヴリンは明晰にして判明なる音を聞き取る。
For exampleshe hears a phone ringing as a kind of crackling soundbut she knows [that the crackling sound is a phone ringing].
たとえば、彼女は電話の音をある種のパチパチ音として聞き取るが、しかし、そのパチパチ音が電話の音であるということが彼女にはわかっている。
She can hear someone speakingbut cannot distinguish wordsso she reads lips to get the meaning.
彼女はだれかが話しているのを聞き取ることができるが、しかし、単語を区別することができないので、意味を摑(つか)むために唇を読む[=読唇術(どくしんじゅつ)を行なう]。
3.2
With such limited hearing abilityhow is Evelyn able to perform such fascinating music?
そのような限定された聞き取り能力で、エヴリンはどのようにしてあれほどの魅力的な音楽を演奏することができるのであろうか?
3.3
"S1The sense of hearing and S2the sense of touch are more similar than we realize," explains Evelyn.
聴覚[←聴くことという感覚]と触覚[←触れるという感覚]は、私たちが認識しているよりも似ているものです」とエヴリンは説明する。
"Sound is vibrating air {that the ear picks up | and changes | into electrical signals}.
「音というものは、耳が拾い上げて、電気信号に変換する振動する空気です。
These are then interpreted by the brain.
こうした信号は、それから、脳によって解釈されます。
Hearing is not the only sense {that can pick up sound,touch can do this too.
聴覚は、音声を拾い上げることができる唯一の感覚ではありません。触覚もまた、こうしたことができるのです。
In other wordswe can also 'feel' sound.
言い換えると、私たちは、音を『感じ取る』こともできるのです。
3.4
"(If you are standing by the road and a large bus goes by,) do you hear the sound or feel the vibration?
道路のそばに立っていて、大きなバスがそのそばを通るとき、音を耳にしますか、それとも振動を感じ取りますか?
The answer is both.
答えは両方なんです。
S1Hearing a sound and S2feeling a vibration are basically the same thing," she says.
音を聞き取ることと振動を感じ取ることは、基本的に、同じことなのです」と彼女は言う。
"(If you can all feel low vibrations,) why can't you feel higher vibrations?
もしも低い振動をすっかり感じることができるならば、どうして高い振動を感じることができないのでしょうか? (感じ取ることができますよね)
It is my belief [that we can].
私たちには(高い振動を感じることが)できるというのが私の信念なのです。
(When a particular sound is made,you can truly feel that in certain parts of your boby."
ある特定の音が作られる場合[→出てくる場合]、身体の特定の部分でそれをまさに感じ取ることができるのです」
4.1
"To interpret certain sounds with your body you just have to be very sensitive.
身体を使って特定の音を解釈するためには、きわめて敏感でありさえすればよいのです。
It's certainly not easybut with timepractice and patience seem to have found a way to do it."
それは確かに簡単ではありませんが、しかし、時間をかけて、練習をして、我慢強く取り組んだので、そうする方法を私は見つけたように思います。
4.2
The low sounds Evelyn feels mostly in her legs and feetand the high sounds she feels in particular places on her faceneckand chest.
低い音を、エヴリンはほとんどの場合、脚や足で低い音を感じ取り、高い音は、顔や首や旨の特定の場所で感じ取る。
This is [how she "listens" to the notes].
これこそが、どのようにして彼女が音を「聴き取る」かということある。
→これこそが、いかにして彼女が音を「聴き取る」方法である。
→こんなふうにして、彼女は音を「聴き取る」。
She often performs with bare feet(mainly because she feels the vibrations of the music through the floor).
彼女はしばしば、裸足(はだし)で演奏する――主として、彼女は床をとおして音楽の振動を感じ取るからである。
4.3
"The thing about percussion," Evelyn says, "is [that you can create all these emotionssometimes beautifulsometimes uglysometimes sweetand sometimes as big as King Kong].
「パーカッションに関して、大切なことは」エヴリンは言う。「つぎのような感情すべてを生み出すことができるということです――たとえば、(その感情は)ときには美しく、ときには醜(みにく)く、ときには甘く、ときにはキングコングと同じくらいに大きいのです。
There can be a storm of soundor the sound can be so refined."
音の嵐[or嵐のような音]も存在することもあるし、あるいは、その音がとても洗練されていることもあります」
Not all percussion is loud and pounding.
パーカッションすべてが、騒々しくて、叩きつけるだけとは限らない。
4.4
Evelyn gives more than 100 performances a year around the world.
エヴリンは世界のあちこちで、年に100回以上、公演をおこなっている。
She wants audiences to focus on her music rather than on her deafnessand she wants them to be entertained.
自分の耳が聞こえないことよりもむしろ自分の音楽に集中してもらいたいと、彼女は聴衆に対して思っているし、それに、彼ら[=聴衆]に楽しんでもらいたいと思っている[←聴衆が楽しまされることを望んでいる]。
4.5
Evelyn gets upset with reporters (because they sometimes ask too many questions about her deafness).
記者がときおり、自分の耳が聞こえないことについて、あまりにも多くの質問をするので、エヴリンは記者たちに狼狽させられてしまう。
As Evelyn puts it, "(If you want to know about deafness,you should interview an ear doctor.
エヴリンはつぎのように述べている。「もしも耳が聞こえないことについて知りたいと思うのであれば、耳鼻科の医師に取材すればいいのよ。
My specialty is music."
私の専門は音楽です」

0 件のコメント:

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

フォロワー